随分、時が経ちましたが施設へ入所したときの事とそれからの事

検査結果を聞きに行ってから早1年6ヶ月

検査結果を聞きに病院に出かけてから早くも1年と6ヶ月が経ってしまいました。詳しく書く時間を見つけられず駆け足のように過ぎ去った1年半を時系列に辿ってみたいと思います。

まずは受給者証を貰いに役所へ

先生から福祉サービスの受給者証の申請のための書類を書いてもらい、それを持って役所へと向かいました。役所で受給者証を作成するのに伴い、どの施設を利用するのかを担当の方と話し合います。我が家の場合は市の発達相談で紹介して頂いた療育施設があったので、そこに行きたいと希望を出しました。

週に1~2回の療育施設を利用し、保育園に通いながら週の何曜日かに施設に通うというスタイルでやって行こうということに決まり、療育施設を紹介してくれるコーディネーターの方と一緒に見学にいくことになったと思います。中には毎日通うことのできる養育施設もありましたが、子供が行くことになったのは親が立ち会って1時間先生とマンツーマンでみっちりと教育を受けるという療育施設です。

施設の見学へ行く

施設へ見学に行った時は子供の手を引いて、ハラハラの親と興味深々の子供という感じだったと思います。親の心配もよそに子供は初めての先生方にも物怖じすることなく施設の遊具で遊んだり先生に絡んで笑ったり走り回ったり、楽しそうでした。

これなら大丈夫かな。

施設の見学を終えて即決でお願いして次の週から保育園に行きながら療育施設に通う生活が始まりました。

初めて施設で受ける授業

”授業”というのかは分かりませんが、(”活動”ですかね)初めて療育教育を受けたときは子供よりも親の方が緊張していたように思います(笑)
子供はちゃんと授業を受けられるのだろうか?とか、先生の言うことを聞かなかったらどうしよう?とか。そんな心配はよそに伸び伸びとしている子供。適応能力高いな~と感心しました。

通い始める

始めの頃は離席が目立ちました。先生の言うことを聞かなかったら遠くから怒ってしまったり。(子供が言っている施設では親はやや離れたところに座って見守ります。)でも子供は興味津々です。

特に体を動かす活動では走り回って、ジャンプして、滑り台やブランコ、トランポリン、色々な遊びができるようになっているので子供はニコニコ元気いっぱいに楽しんでいました。何回か行くともうすでに早く「〇〇に行きたい!」というようになり安堵したことを覚えています。

保育園から療育施設へ移る

保育園ではこれからますます規則が増え、みんなと一緒に行動しなければならなくなる。規律は大切だし、協調性や団体行動を学ぶことは大事だけれど、我が子にはかなり窮屈な思いをさせるかもしれない。保育園に行きたくないと言い出すかもしれない。

そんな一抹の不安がありました。

それに加えて、子供の特性に関して、その当時の担当の先生方はよく見てくれていて、力を注いでくれていたのですが、上級生を受け持つ先生の中には少し白い目で見られているような、そんな何となく気になる出来事があったりしました。

年齢が上がって行くと大変なのでは?子供が苦労するのでは?と思っていた矢先にたまたま療育施設をコーディネートをしてくれた方に会う機会があり、そんな中で、では通いの療育施設に移ってみてはどうかと提案がありました。

それも悪くないのかもしれない。

今までは療育施設に通わせるのは逆に大丈夫なのか?と思っていましたが、先生が多くて、子供が少なくて、たくさん手を掛けてもらえるような場所ならば、子供も伸び伸びと過ごせるのかもしれないと考えが180度変わっている自分にも驚きました。

善は急げと直ぐに手続きをしてもらい、通園型の療育施設へと移ってそれから1年と2ヶ月が経ちます。今はその通園型の施設と週1回の付き添い型の施設とをどちらも利用して楽しく生活しています。

時間が経ってみて

何だかわからずに、悲しかったり悔しかったりした時期は過ぎ去ったので、もうよくそのときの感覚は覚えていないです。今はとにかく起こることにこうしてみよう、ああしてみようと試行錯誤の日々です。

というのも、市の施設で開かれている発達の相談会では近くの心療内科の病院から心理士の先生が来てくださいますが、その先生に何度か相談を重ねていくことで子供はやはりアスペルガー症候群であろうという判断がされたのです。(今はアスペルガーと言わずに高機能自閉症スペクトラム障害というそうです)何となく覚悟は出来ていましたが、あーやっぱりそうかぁと心にズーンと来るものがありました。

しかし、悩んでいても仕方ないし、子供は早くから教育を受ける機会がこうしてあるのだし、通えているのだからいいのかな。と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です