心理学やスピリチュアルとの出会い これまでの歩み⑨

気付いて歩みを進めると出会ったもの

これまで軽いうつ病になりながら。躁鬱を繰り返しながら自分自身と向かい合い、解決の糸口を探りながら自分なりに必死に生きてみました。そうすると多くの気付きや新たな出会いがあったのです。

悩んだ日々

子供のこと。旦那のこと。アスペルガーやカサンドラ。仕事のこと。人間関係のこと。親のこと。友達のこと。
誰にだって悩みはある。ただ少しだけ敏感で、その対処法を知らずに生きて来たから。人よりもたくさんの悩みを抱えてしまっていただけ。

自分の特性や性格、他者との境界線が薄いことや想像力のたくましいこと。そういうことを理解していけば生きやすくなることに気付けたことが今は良かったと思います。

でも、一生懸命だった


そう、自分なりにもがき苦しんできたけれど、そのときそのときで一生懸命だった。ダメダメなこともたくさんしきてきたし、だっさくて、幼稚だと思われるようなこともしてきたし、そういう考えを持っていたこともある。今でも持っているのかもしれない。

だけど、一生懸命そのときの問題に向き合ってときには解決して、ときにはこじれて、ときには逃げて、そうやって学んできた。
その経験はやはり無駄ではないと思えるから。

心理学や発達のことからスピリチュアルなことまで

壁にぶち当たって、もうどうにもならないときに、その時折に出会った心理学であったりスピリチュアルな考え方であったり、そういうことに助けられて自分を奮い立たせてこられたのはありがたいことだなぁと思います。

子供の発達について。自分自身の病気について。ネガティブに捉えようとすればいくらでも捉えらえるし、落ち込もうと思えばいくらでも落ち込むことはできる。

けれど、それを原動力にしてよりよい未来に進んでいこうとするなら、暗い道ばかりではないのじゃないかと思える。

これからもどんどん進んでいきたい


たまには立ち止まることもありけれど、後ろを振り返ってしまうこともあるけれど、ずっと前に今よりもどんどん前に進んでいきたいと思っています。

自分自身の感情、性格、先天的なモノ、環境、そして旦那のこと、子供のこと、全部全部ひっくるめて全て知りたいから
心理士の勉強をしよう。資格を取ろうと、ココロに決めました。

心理士の資格を取るには大学で学ぶ必要があるようです。

今から勉強…私自身、こんな大きな目標や決断をするのは初めてかもしれないので達成できるのかわかりませんが、前に進むために第一歩として、できないという思い込みを自分で超える努力をしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です