• インナーチャイルドや発達障害と向き合う母と子のサイト

心理学やスピリチュアルとの出会い これまでの歩み⑨

気付いて歩みを進めると出会ったもの これまで軽いうつ病になりながら。躁鬱を繰り返しながら自分自身と向かい合い、解決の糸口を探りながら自分なりに必死に生きてみました。そうすると多くの気付きや新たな出会い …

続きを読む


自己肯定感を高める作業 これまでの歩み⑧

失った自尊心・自己肯定感 子供の頃に機能不全の家庭に育ったインナーチャイルドを抱える人は自尊心がなかったり自己肯定感が低かったりします。どうしてそれらを失ってしまったのか。失ってしまうとどういうことが …

続きを読む


親離れできていない自分を省みる これまでの歩み⑦

自分と親との関係性 「アダルトチルドレン」や「インナーチャイルド」と呼ばれる人たちがいます。 親の存在、特に母親との関わり合いは子供にとって大変に大きな影響をもたらすと私自身が体験してきたことを思い出 …

続きを読む


情けない自分を受け入れるという作業 これまでの歩み⑥

心を病んでしまった人がやらなければいけない課題 一番辛い作業であり、やらなければこれからの人生が変わって行かないということが 「情けない自分を受け入れる」という作業です。 こんな私なんて最低だよねーー …

続きを読む


承認欲求が自分をダメにする これまでの歩み⑤

承認欲求を知るに至る 承認欲求。 初めて聞いたときは何だか小難しそうだけど、これ多分自分のことだな、と思いました。 誰かに認められたい、もっともっと私を認めて欲しい。 承認欲求は往々にしてエスカレート …

続きを読む


母親と子供の関係性 これまでの歩み④

PCが気付かせてくれたもの 今考えるとパソコンがそこにあったから、ネットの中の膨大な情報の中から「気付き」を得ることが出来たんだなと思います。こんな時代ではなかったら、永遠に暗いトンネルの中で迷ってい …

続きを読む


先の見えないトンネル これまでの歩み③

不安症に至るまで 負のスパイラルにハマる 転職を繰り返すうちに、 仕事に行っても失敗が怖い→人が怖い→それでなおさら失敗する→なじられる→素直になれない→嫌がられる といったことを繰り返して 負のスパ …

続きを読む


猜疑心と怒りばかりの日々 これまでの歩み②

辛かった日々ですが、これがあったから今がある。 そう思って書いてみたいと思います。 それもまたツライ作業で… 少しずつ書いて見ます。 ぼんやりとしている子供時代 小・中学時代はとにかく一人でいました。 …

続きを読む


母である自分のこころの病について これまでの歩み①

  • 2017年12月11日

自分のこころの病について告白 私は小さいことから約30年ほど自分の言いたいことが言えない人間でした。そのせいなのか、弱気な性格が祟ったのか、楽天的な性格のはずなのにうつ病のような症状が現れるようになり …

続きを読む