不安症」タグアーカイブ

先の見えないトンネル これまでの歩み③

不安症に至るまで

負のスパイラルにハマる

転職を繰り返すうちに、
仕事に行っても失敗が怖い→人が怖い→それでなおさら失敗する→なじられる→素直になれない→嫌がられる
といったことを繰り返して
負のスパイラルにハマり身動きが取れない状態でいました。

これは今から13年くらい前に始まったように思います。

それまではのんきに自分はすばらしいー!なんて思って気楽に過ごしていたので
「何をやってもどこにも辿り着けない」
といった経験をしていく過程は、今はあまり思い返したくはないです。

とにかく出会う人出会う人に嫌われていました。
それでもいい部分もあったとは思うのです…。
本当の自分の良さに共感してくれる人もいましたが
私自身が勘違いをしていたので、それも時と場合によるという感じで、
すべてを認めてくれる人は現れなかったです。

自分のココロが大きな間違いをして壊れていたからだと
今であれば分かりますが
どうして自分がこんな扱いを受けるんだ!と憤慨しながら不安に陥ってオドオドして…
という日々を過ごしていたのです。

初めての受診

この頃に初めて心療内科に受診します。

心療内科なんて私には関係ないと思っていたのですが、まさかお世話になるとは。
その心療内科にさえ盾突くことがあったりもしました。
精神がおかしくなっていたというか、
不安心が強くなり過ぎていて?なのかわかりませんが
病院に行ってもとにかくイライラしていました。

それでも私は正常なんだって思っていました。
ただストレスで不安にさせられているんだ、という感じで
心療内科も、患者一人一人と関わって、ゆっくりと時間を掛けて話を聞く、
といったことをしていてはさばけないので
(なのかどうかはわかりませんが)
近況報告したら直ぐに薬を決めて終わり。

という流れなので、こころが落ち着いたり、
不安な気持ちを取り除くというような
そういう作業を特に行うといったことはありませんでした。

このことは嫌味を言いたいのではなく、
ココロを癒すということや心理学でココロについて深く追求するということと
病名が付いて病院で治療するということは
まったく別物なのだということが今であれば分かるので
仕方のないこと、出会えていなかったのだな。
自分の”調べる意欲”、それに向かう自分の”気付き”が足りなかったのだなと思います。

薬を飲んでも直らない

ということで薬は不安な気持ちを抑えてくれるだけで、
ココロは何も変わらずに不安感は消えないまま
ずっと暮らしていました。

今思い返すとハイ↑になるときとロー↓になるときと
躁鬱を繰り返すような日々だったなと思います。

薬は不安を抑える薬とやや躁にさせるような薬に眠れない時のための
睡眠導入剤といった感じで
強いものが処方されているわけでもなく、
病院での症状としては「軽い」ものでした。

薬は気付け薬みたいに思っていて
「これ飲んだらとりあえずドキドキしなくて済むかも」
という感じで使っていました。
副作用も少しだけあって
足がもぞもぞする感覚が時々出たりもしました。

薬は3~4年飲み続けました。
今ではもう飲んでいませんが、いざというときの為に少量の薬は持っていたりもします。
特に睡眠導入剤は
眠れないと次の日に影響が出るので
あまりにも酷いときは使うようにしています。

会社に行きたくないが…

不安感
この頃のココロの大半は会社には行きたくないが、ローン返済もあるし、会社って毎日行くものだし、で通っている感じでした。

行きたくないが真面目

とにかく真面目なんです。どんなにきつくても毎日毎日重たい体を引きずって会社に通いました。

人に嫌がられている、馴染めない、でも気にせずに働こう。
頑張らなくちゃ、頑張らなくちゃ。
そう思っていました。

だから余計に考え方が卑屈で自己中心的だったと思います。
私は何も悪くない、ただ怖いだけだけど、私はこんなに素晴らしい人間だし、認められるべき人なんだ!ときっと心の中で叫びながら、現実とのギャップに不安ばかりを抱いていたのです。

けれど馬鹿真面目だから会社を辞めるなんて考えに至らない。そんな自分は弱い人間になってしまう。負けたくない。何に負けたくないのか、周りの人間なのか?自分になのか?もうよくわかりませんでしたが、そんな気持ちで過ごしていくうちに外に出る事さえも億劫になっていったのです。

パニック障害のような症状

外に出たくない。もしくは出たくない。積極的に出かけるのは無理でした。一歩の出たくなかったです。職場以外に自分から出かけて行くことはほとんどなくなりました。

電車に乗ると色々な人の話し声が自分を責めているように聞こえて震えたり、硬直したりして乗っているのが非常に辛かったのを覚えています。

死にたいと思うようになる

会社に行く日以外は自分の部屋に閉じこもって寝ったっきりの生活でした。休みの日はほとんど眠っていました。昼過ぎまで寝て、テレビを見て、ご飯を食べたらまた寝て。土日がお休みだった時はどちらか1日は一日中寝ていたりする日も多くありました。

そんな日々を過ごしていくと、徐々に私が生きているのはなぜなんだろう?とか、
何の為に生きているんだろう。しんどい、しんどい。もう死んでしまいたい。

そこまでの心境に至るのはどん底の気分の時でしたが、
そう考える日が徐々に増えていったのも事実です。

あれ?何かが心に引っ掛ける アスペルガー症候群との出会い

あれ?何かが心に引っ掛かる

そう思ったのは旦那と結婚して1年経ち、2年経ちした頃。旦那は優しい人だったし、何でも言えばやってくれるし、料理もしてくれる、少々部屋を汚したままでも不平不満を言わないし、幸せなはず?なのに、どうしてだろう、ぽっかり私の心に穴があいているのは。

モヤモヤしたまま私は自分自身を責める悪い癖が出ていました。
私自身は、うつ病まではいかないまでも、不安症という感じで何をするにも不安で自分を信用できないし認められないし、人より常に劣っていると考える毎日を送っていました。

その癖、ある時期を迎えると妙にテンションがハイになって、何でもできるような大きな気持ちになるんです。
恐らく双極性障害の軽いものだと思います。
急に明るくなってパワフルで、生き生きしていたかと思ったら、急に落ち込んでまさにジェットコースターのような感情の触れ方に自分自身でくたびれていました。

そこに旦那へのモヤモヤした気持ち。

何とも辛い日々でした。

子供が欲しかった私に対して、そんな(情緒不安定な)私に子供は育てられないんじゃないかという旦那にも段々とイライラが募って喧嘩することも多くなりました。

でも、喧嘩してもぜんぜん響かないんです。
「そういうことじゃなくて、何で分からないかな~」
って感覚がよくありました。

普通なら分かってくれるこちらの感情がぜんぜん伝わらない。分かってもらえない。
これが一番辛いです。今でもそうですけど、あるWordに出会って、
よく調べていくうちに、そういうことだったのかと
妙に納得できるようになったのです。それが「アスペルガー症候群」です。

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは簡単に言うと、人の気持ちが読み取れない、分からない構造の脳をしている症状のことです。一言で言ってしまうというのはとても乱暴なことだと思うのですが、私はこれを知って、なるほど、それでかと妙に納得したんです。初めてそんな症状があると知ったので、目からうろこです。旦那は「分かってくれない」ではなく、そもそも「分からない」のではないか。人の感情というものが分からないだ、と。

こう思えば、仕方がないのかな、自分が我慢するしかないんだな、ということが見えてきます。霧の中でもがいていたものがすっと晴れたような気分です。やむ雲にもがいて苦しむよりも、訳が分かっていて苦しむ方がまだましだなと思えたのです。

本人に言うのは慎重に

私の場合分かってくれないということがとても辛かったので、このことを旦那に直接ぶつけずには居られなくなってしまったのですが、まだ心に余裕がある人ならば、本人に話すのはやめた方がいいです。

あなたはこういう症状があってこれは障害です。なんて言われたら、誰だって腹が立つし、症状が当てはまっていれば当てはまっているほど絶対に認めてはくれないでしょう。

2人の関係を真剣に考えてくれていて、聞く耳を持ってくれているパートナーでない限りはやはり自分の心に留めて、自分なりの心の解決法を身に着けた方がこじれなくて済みます。

我が家では言ったことによって軽く喧嘩になりましたが、私が旦那を責めるために言った訳ではなかったので、認めてはくれませんが、聞き流したような状態になっています。でも一度話してしまうと、そういったシチュエーションになるとギクシャクして余計なことを考えてしまうので、言わなければよかったかも…と悩むときもあります。

今でもあれ??と思うことはあるが…

アスペルガー症候群のことを知り、どういった症状があって、本人には悪気がないということ、治すという症状ではなく、これは生まれ持った性格であることなどを知っていくことで多めに見れるというか、こちらがいくら言っても意味がないんだということは分かるようになりました。

ただ、今でもあれ??どうして分かってくれないの!!となるときもあります。そこでそんなこと言う?とか、どうして励ましの言葉がないの?とか、私が落ち込んでいるときは相手を思いやることができなくなるのでどうしても、分かっていても、イライラしてしまうのは仕方がないんだろうなと思い、私のイライラが通り過ぎるのを自分自身で待ちます。

子供が生まれたからこそ

そんなこんなですが、子供を授かれて本当に良かったと思います。子供がもしかしたら、旦那のこの性格を受け継いでいることもあるかもしれないとは漠然と思っていましたが、「なんだか人と違う」と言われたことでその悩みも的中してしまいました。

辛い思いもありましたが、私がしっかりしないとなと思う気持ちも強くなりました。

もっと発達のことを知って、我が子が活き活きと生きて行けるように、何か手助けがしたい。これが私の今の素直な気持ちです。