癇癪持ち」タグアーカイブ

我が子が出来る事、出来ない事

癇癪持ち

うちの子はできないことがあると、感情が爆発してしまいます。
軽いときはおもちゃなり、自分ができなかったものに対して、当たって、放り投げたり、壊したりして最後にできないと駄々をこねますが、
酷いときには嗚咽するほど泣き叫んで平常心を失ったような状態になります。
まあ、子供に平常心を持て、というのも無理な話なのでできないことにぶつかったらイライラして投げ出してしまうことは誰にでもあるのかもしれません。

ただ、こんなに癇癪を起すのかな?
できるよ、やってみようと言っても
思い込んだらまっしぐらなので聞く耳を持ってくれないのは
少し心配になるのです。

できるを養いたい

少し酷かな?と思ったのですが、出来る事でも少し失敗するとすぐに投げ出してしまう性格は変えてあげたいのが親の性だと思います。
それができるのも、やっぱり親なのかな、とも。

今日はいつも脱ぐのにてこずって”やって”と言ってくる靴脱ぎを自分でさせてみることにしました。

心を鬼にして、できるからやってごらんと繰り返し言ってこちらが忙しいようなそぶりを見せても
やっぱりいつものように、「できない」「脱げない」「やって」を繰り返すばかりです。
終いにはワンワン泣き出してしまって嗚咽して「でーきーなーいー!」と大声で言い出して、
虐待と思われないかとハラハラものですが、

できるから、やってみて
こうするんだよ

手順を一生懸命教えて促しました。

癇癪を起してしまったときは指しゃぶりをすると気持ちが落ち着くので、
指しゃぶりもあえてさせながら
気持ちを落ち着かせて

できるよ、こうするんだよ

子供は泣きじゃくりながらもようやくやってみる気になって
懸命にかかとから靴を取ろうと頑張って、とうとう片方の靴を脱ぐことができました。

「よくやったね!できたね!」

できた感動は、私の方が大きかったかもしれません(笑)

アドラー心理学の岸見先生には褒めてはいけないと言われそうですが、褒めずにはいられませんでした。

よくやった、我が子。
ワンワン泣かせてごめんよーと思いながら抱きしめて、
抱きしめられるのが苦手な我が子は、抱きしめられることが嬉しいことではないらしく
やめてくれと嫌がられましたが(寂しいもんです。抱きしめ拒否は(泣))

とにかく嬉しかったです。

辛かっただろうけれど、できた!を実感できていればなと思います。

保育園での行動

保育園の先生から聞いている話では我が子だけ、自分がやりたいと思ったことに集中し出すのだそうです。

確かに、家でもこうしてーと言っても自分のしたい遊びにまっしぐらだし、
上手く促せたときはそれをやってくれますが、自分が気になったものがそこにあるときには
こちらがいくら言っても言うことを聞きません。

好奇心旺盛?

とにかく興味のある方へある方へと気持ちが行ってしまいます。心理検査のときもそうでしたが、1つのおもちゃで遊ぶことはできず、次から次へと興味が移っていき、興味があるものすべてを箱から出してきてそれぞれの場所を巡りながら遊ぶのを繰り返すのです。

カウンセラーの先生がこのことに気付いて言われていましたが、保育園の先生も同じことを言われます。

好奇心旺盛だということには変わりはないのですが、こちらの言うことを無視して自分の興味の赴くままに…が多分何らかの症状というか、他の子とは違う所なのだろうなと思います。

人と一緒に、が分からない

きっと、人に合わせるということや協調性という所が欠けているのかな。そう思っています。
先生に習ってみんなは同じことをしているのに、我が子だけはおもちゃで遊んだり、興味のある場所へ行ってしまったりするのだそうです。
先生方はよく分かってくれているので、そのままにしてくれているそうですが、周りの子供たちからすると、なぜあの子だけ一緒に行動をしないのだろう?と不思議に思うこともあるでしょう。

こうした行動は個性と言えば個性ですけれども、
これを社会に出たときにやってしまうと、かなり周りにも迷惑をかけるでしょうし
本人も辛い思いをするのかな?
と、予想しています。

来月、施設の見学日が決まったので見学に行く予定です。
みんなが何かをしているとき、同じことをしているとき、先生に習って同じ動きをしなければいけないと気付けるのか、
できれば、気付けるようになって欲しい。

このことについては自分でもいろいろと調べてみたいと思います。